Company 会社案内
株式会社 KIYOSHI KURAHARA STUDIO (英記)KIYOSHI KURAHARA STUDIO Inc. 〒104-0053 東京都中央区晴海3-13-1 DEUX TOURS E4405 03 -6887-0317 info@kiyoshi-kurahara.com 2013年6月27日 代表取締役社長 藏𠩤 潔司 11名 1.実写映画、テレビCM、プロモーションビデオ、 アニメー ション映画等の企画及び制作 2.出版物、ウェブコンテンツ、広告等の企画、編集、 制作及びデザイン 3.映画、アニメーション、絵本に登場するキャラクター等を 利用した各種マーチャンダイジング
4.映画、アニメーション、テレビ番組、ドキュメンタリー 作品等のビデオグラム制作
5.各アーティストのマネジメント、プロモーション及び イベントの企画 6.前各号附帯関連する一切の事業 会社名 本社 電話番号 E-mail 設立 代表者 従業員数 事業内容
OUTLINE 会社概要
ACCESS アクセス
プロフィール 代表取締役社長 1985年5月28日生まれ 福岡県出身。東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 映画監督専攻 卒業。18歳の頃より8年間映写技師として働いてきた経験を持つ。その間に映画製作を学び、21歳の時に製作を開始した短編映画『太陽の石』が、学内映画祭で “年間最優秀作品賞”など多数受賞し、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編部門にて“最優秀作品賞/川口市民賞”を受賞。実写で全編シルエットのみで描かれた斬新かつ幻想的な本作は、アカデミー賞の前哨戦であるロサンゼルス国際短編映画祭2009にノミネートされハリウッドで上映される他、ニューヨーク国際インディペンデント映画祭2009で “最優秀国際ファンタジー 短編賞”を受賞するなど、国内・海外で高く評価されている。(iTunesでダウンロード販売中)そして2010年に発表した企画のパイロット版として独自に製作した短編映画『白黒ギツネと光の洞窟』は、モントリオール世界映画祭2012にて上映される。 2013年、自身の制作会社を設立し、2014年2月に京都・嵐山で短編時代劇『風と舟』を撮影。その斬新な映像美と演出が認められ、ハワイ国際短編映画祭2014、ニューヨークシティ国際映画祭2015にて上映される。南カルフォルニアで開催された国際映画祭 Indie Fest USA 2015 においては、長編・短編作品全てを抑えて映画祭最優秀賞《Best of Festival》を受賞。また、最優秀アジア映画賞もW受賞した他、最優秀監督賞、最優秀撮影賞、最優秀短編映画賞にノミネートを果たす。
Join us !! 採用情報
© KIYOSHI KURAHARA STUDIO
Company 会社案内
会社名 本社 電話番号 E-mail 設立 代表者 従業員数 事業内容
OUTLINE 会社概要
株式会社 KIYOSHI KURAHARA STUDIO (英記)KIYOSHI KURAHARA STUDIO Inc. 〒104-0053 東京都中央区晴海3-13-1 DEUX TOURS E4405 03 -6887-0317 info@kiyoshi-kurahara.com 2013年6月27日 代表取締役社長 藏𠩤 潔司 11名 1.実写映画、テレビCM、プロモーションビデオ、 アニメー ション映画等の企画及び制作 2.出版物、ウェブコンテンツ、広告等の企画、編集、 制作及びデザイン 3.映画、アニメーション、絵本に登場するキャラクター等を 利用した各種マーチャンダイジング
4.映画、アニメーション、テレビ番組、ドキュメンタリー 作品等のビデオグラム制作
5.各アーティストのマネジメント、プロモーション及び イベントの企画 6.前各号附帯関連する一切の事業
ACCESS アクセス
プロフィール 代表取締役社長 1985年5月28日生まれ 福岡県出身。東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 映画監督専攻 卒業。18歳の頃より8年間映写技師として働いてきた経験を持つ。その間に映画製作を学び、21歳の時に製作を開始した短編映画『太陽の石』が、学内映画祭で “年間最優秀作品賞”など多数受賞し、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編部門にて“最優秀作品賞/川口市民賞”を受賞。実写で全編シルエットのみで描かれた斬新かつ幻想的な本作は、アカデミー賞の前哨戦であるロサンゼルス国際短編映画祭2009にノミネートされハリウッドで上映される他、ニューヨーク国際インディペンデント映画祭2009で “最優秀国際ファンタジー 短編賞”を受賞するなど、国内・海外で高く評価されている。(iTunesでダウンロード販売中)そして2010年に発表した企画のパイロット版として独自に製作した短編映画『白黒ギツネと光の洞窟』は、モントリオール世界映画祭2012にて上映される。 2013年、自身の制作会社を設立し、2014年2月に京都・嵐山で短編時代劇『風と舟』を撮影。その斬新な映像美と演出が認められ、ハワイ国際短編映画祭2014、ニューヨークシティ国際映画祭2015にて上映される。南カルフォルニアで開催された国際映画祭 Indie Fest USA 2015 においては、長編・短編作品全てを抑えて映画祭最優秀賞《Best of Festival》を受賞。また、最優秀アジア映画賞もW受賞した他、最優秀監督賞、最優秀撮影賞、最優秀短編映画賞にノミネートを果たす。
© KIYOSHI KURAHARA STUDIO
Company 会社案内
OUTLINE 会社概要
株式会社 KIYOSHI KURAHARA STUDIO (英記)KIYOSHI KURAHARA STUDIO Inc. 〒104-0053 東京都中央区晴海3-13-1 DEUX TOURS E4405 03 -6887-0317 info@kiyoshi-kurahara.com 2013年6月27日 代表取締役社長 藏𠩤 潔司 11名 1.実写映画、テレビCM、プロモーションビデオ、 アニメー ション映画等の企画及び制作 2.出版物、ウェブコンテンツ、広告等の企画、編集、 制作及びデザイン 3.映画、アニメーション、絵本に登場するキャラクター等を 利用した各種マーチャンダイジング
4.映画、アニメーション、テレビ番組、ドキュメンタリー 作品等のビデオグラム制作
5.各アーティストのマネジメント、プロモーション及び イベントの企画 6.前各号附帯関連する一切の事業 会社名 本社 電話番号 E-mail 設立 代表者 従業員数 事業内容
ACCESS アクセス
プロフィール 代表取締役社長 1985年5月28日生まれ 福岡県出身。東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 映画監督専攻 卒業。18歳の頃より8年間映写技師として働いてきた経験を持つ。その間に映画製作を学び、21歳の時に製作を開始した短編映画『太陽の石』が、学内映画祭で “年間最優秀作品賞”など多数受賞し、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編部門にて“最優秀作品賞/川口市民賞”を受賞。実写で全編シルエットのみで描かれた斬新かつ幻想的な本作は、アカデミー賞の前哨戦であるロサンゼルス国際短編映画祭2009にノミネートされハリウッドで上映される他、ニューヨーク国際インディペンデント映画祭2009で “最優秀国際ファンタジー 短編賞”を受賞するなど、国内・海外で高く評価されている。(iTunesでダウンロード販売中)そして2010年に発表した企画のパイロット版として独自に製作した短編映画『白黒ギツネと光の洞窟』は、モントリオール世界映画祭2012にて上映される。 2013年、自身の制作会社を設立し、2014年2月に京都・嵐山で短編時代劇『風と舟』を撮影。その斬新な映像美と演出が認められ、ハワイ国際短編映画祭2014、ニューヨークシティ国際映画祭2015にて上映される。南カルフォルニアで開催された国際映画祭 Indie Fest USA 2015 においては、長編・短編作品全てを抑えて映画祭最優秀賞《Best of Festival》を受賞。また、最優秀アジア映画賞もW受賞した他、最優秀監督賞、最優秀撮影賞、最優秀短編映画賞にノミネートを果たす。
© KIYOSHI KURAHARA STUDIO
  •  

Company 会社案内
OUTLINE 会社概要
株式会社 KIYOSHI KURAHARA STUDIO (英記)KIYOSHI KURAHARA STUDIO Inc. 〒104-0053 東京都中央区晴海3-13-1 DEUX TOURS E4405 03 -6887-0317 info@kiyoshi-kurahara.com 2013年6月27日 代表取締役社長 藏𠩤 潔司 11名 1.実写映画、テレビCM、プロモーションビデオ、 アニメー ション映画等の企画及び制作 2.出版物、ウェブコンテンツ、広告等の企画、編集、 制作及びデザイン 3.映画、アニメーション、絵本に登場するキャラクター等を 利用した各種マーチャンダイジング
4.映画、アニメーション、テレビ番組、ドキュメンタリー 作品等のビデオグラム制作
5.各アーティストのマネジメント、プロモーション及び イベントの企画 6.前各号附帯関連する一切の事業 会社名 本社 電話番号 E-mail 設立 代表者 従業員数 事業内容
ACCESS アクセス
代表取締役社長
プロフィール 1985年5月28日生まれ 福岡県出身。東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 映画監督専攻 卒業。18歳の頃より8年間映写技師として働いてきた経験を持つ。その間に映画製作を学び、21歳の時に製作を開始した短編映画『太陽の石』が、学内映画祭で “年間最優秀作品賞”など多数受賞し、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編部門にて“最優秀作品賞/川口市民賞”を受賞。実写で全編シルエットのみで描かれた斬新かつ幻想的な本作は、アカデミー賞の前哨戦であるロサンゼルス国際短編映画祭2009にノミネートされハリウッドで上映される他、ニューヨーク国際インディペンデント映画祭2009で “最優秀国際ファンタジー 短編賞”を受賞するなど、国内・海外で高く評価されている。(iTunesでダウンロード販売中)そして2010年に発表した企画のパイロット版として独自に製作した短編映画『白黒ギツネと光の洞窟』は、モントリオール世界映画祭2012にて上映される。 2013年、自身の制作会社を設立し、2014年2月に京都・嵐山で短編時代劇『風と舟』を撮影。その斬新な映像美と演出が認められ、ハワイ国際短編映画祭2014、ニューヨークシティ国際映画祭2015にて上映される。南カルフォルニアで開催された国際映画祭 Indie Fest USA 2015 においては、長編・短編作品全てを抑えて映画祭最優秀賞《Best of Festival》を受賞。また、最優秀アジア映画賞もW受賞した他、最優秀監督賞、最優秀撮影賞、最優秀短編映画賞にノミネートを果たす。
© KIYOSHI KURAHARA STUDIO